GoProクラウドアップロード速度テスト

皆さんこんにちは。最近Divisionと言うゲームでやっと死ななくなってきたchinpunkanです。と言ってもまだ序盤のレベル9ですが。このゲームは3D酔いするため、あまり連続で遊べないのが残念です。

本日は先日加入したGoProのサブスクリプションサービスの売りの一つである、容量無制限のクラウドストレージサービスを早速使ってみました。


やはり気になるのはファイル出し入れの速度ですね。

GoProクラウドストレージの転送速度を見てみましょう。

ということで試験的にファイルを1つアップロードしてみました。


GoProサブスク転送速度 2020年9月計測


GoPro Hero7 2.7Kで連続撮影した時、自動で分割収録される3.73 GB (4,006,943,628 バイト)のファイルを一つ使いました。

スペックはRyzen 3500
ファイルはSSDに置いてあります。
ブラウザはFirefoxでアップロード。
光回線200Mbpsの有線接続。
時間帯は日曜日21時台です。

こちらの環境にボトルネックは無さそうです。


結果は54分でした。

ほぼ1時間です。

1時間で4GB転送と考えるとわかりやすいかと思います。







GoPro クラウド 2021年5月 追加計測


上記の計測結果は2020年9月末の物です。情報が少し古くなってきましたので2021年5月に速度計測してみました。

Hero9で撮影したファイル一つを転送してみました。

3.74GB mp4ファイル1個
Windows上の表示 3.73 GB (4,010,651,933 バイト)


転送所要時間 3:54(234秒) ※前回計測時は54分

1秒あたり16.34MB、1時間あたり57.44GB 転送

アップロード環境

Windows10 Pro
Ryzen5600X RAM 32GB
ファイル置いたストレージ 870QVO 1GB
Wi-Fi 5G 無線接続
ブラウザ転送 Firefox(88.0 64ビット)

日曜日20:00前後

スピードテスト計測結果

前回計測時よりかなりの速度アップで驚きました。
以前よりPC自体の通信速度が大幅に上昇していますが、実転送時間はそれを大幅に超えるスピードが出ています。1時間4GB転送と前回計測では書いていましたが、今回は1時間57GB転送のペースとなっており、驚異の14倍速になっています。GoPro側のサーバー強化も考えられますが、567禍が深刻でレジャー撮影が激減し、クラウド利用のユーザーまで激減している可能性も考えられます。

何にせよ速いことは喜ばしい限りであります。

結論


バックアップ用途であれば寝てるうちに終わればいいやと思いますね。


自分の場合は長期旅行でMicroSDからデータを逃がしたいなどと考えていますので、外出先の回線で512GBを数時間で逃がせないと困ります。

しかし、電卓を叩くとそれは無理ゲーのようです。

実際に10Mbpsのアップロード速度ですと1時間で36,000Mbit = 4,500MB = 4.39GB

単純計算で10時間44GB程度の転送になります。

512GBのファイルを転送しますと100時間オーバーになりますね。

100Mbpsで高速アップロードができたとしても10時間必要で非現実的です。

外出先からのデータ退避やモバイル用途では使いにくいと判断しました。



それでは、自宅などの固定回線からの利用ではどうでしょうか?

8TB HDDを一つバックアップを想定しますと、アップロード速度10Mbps時で2,000時間程度必要です。

アップロードに3か月近くを要しますので、こちらの使い方も非現実的ですね。



結論としてはGoPro以外にもPCを活用している人には不要なサービスと言わざるを得ないです。

パソコン未所持のスマホしかないユーザーであれば使い道はありそうです。

おわり

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。