UNDER ARMOUR (アンダーアーマー) マスク購入 120日使用レビュー インプレ


皆さんこんにちは。本日は現代人の必須装備であるマスク購入レビューです。マスクの記事は去年のNAROOマスク以来2回目ですね。それではレビュー行ってみましょう!



UNDER ARMOUR SPORTSMASK (アンダーアーマー スポーツマスク) 120日使用レビュー


まず、なぜUA製のマスクを選んだのかをお話しします。当初はスポーツ系のマスクが欲しかったのでメーカーとして一番品質が信頼できるナイキ製を探しましたが見つかりませんでした。アディ○スやミ○ノですと、ライセンシーが適当に作った製品に当たりそうですし、ナイキしか信用できそうなブランドがないので困り果てました。そこで目を付けたのがアンダーアーマーです。割と真面目に作っていそうなイメージだけで購入を決めました。

購入した製品はXLとXXLの2つです。PayPayモールの公式ショップで1つ¥3,300でした。かなりの高級品ですね・・・ この手のブランド品は偽物があるから怖いですが、江東区有明の公式ショップから発送されてきたので本物だと思います。

アンダーアーマー公式PayPayモール店
https://paypaymall.yahoo.co.jp/store/underarmour/top/

発送用の箱もUAロゴ入りでした。


スポーツウェアが本業のようなので品質に期待が持てます。


マニュアルと収納ポーチ



立体構造



内側冷感素材 ここ数年、CHILLという言葉が流行っているような気がしないでもないです。



UNDER ARMOUR SPORTSMASK (アンダーアーマー スポーツマスク) サイズ感

XLとXXLサイズを比較

これハッキリ言いますが、立体形状がモロに欧米人向けですね。

自分のフィット感を述べますと、XLサイズで上下方向に小さめです。鼻かアゴのどちらかが完全にカバーできていない感覚がありました。
XXLサイズで上下方向のカバーは問題なしでしたが、前後方向にユルいです。そのため、耳にかけるテンションが弱く、マスクがずり落ちてきそうです。

結果的にどちらのサイズも一長一短なんですね。XXLサイズの耳かけ部分に細工すればいい感じにはなりそうですが、面倒なのでそのまま使用しています。

顔が前後方向に長く、鼻が高い顔のつくりでないとしっくりこないと思います。残念なことに我々日本人には向いていないというわけです。シューズやヘルメットなど、あちら向けの製品全般が細い造りなのと同様ですね。



UNDER ARMOUR SPORTSMASK (アンダーアーマー スポーツマスク) 性能


次はマスクの性能についてです。前述のとおり、うまくフィットしていないのでメーカーの想定する性能が出ないのは言うまでもありません。

とりあえず、売り文句を掲載しておきます。


アスリートのために作られたパフォーマンスマスク
呼吸がしやすく、快適なフィットで、スポーツに最適。

(1)外側:撥水加工を施した生地が水分をはじく。なめらかで肌触りの良いスペーサーファブリックを採用。
(2)中間:通気性の高いポリウレタン製のフォームが空気のみを通し、内側と外側の双方向から水分の通過を抑制する。
(3)内側:肌に触れる裏地と耳にかけるループ部分に伸縮性のある冷感素材を使用しており、快適な着用感とともに涼しさを持続させる。

-BETTER AIR FLOW (通気性)-

通気性に優れたポリウレタン製フォームと独自の立体構造によるエアポケットにより、運動時でも呼吸がしやすく快適な付け心地を実現。

-PERFORMANCE FIT (フィット感)-

柔らかくストレッチ性のあるUAベースレイヤー生地と調整可能なノーズブリッジにより、顔の形にフィットし運動中の動きを妨げない。また、隙間なく装着できることで、眼鏡やサングラスの曇りも防ぐ。

-COOL FEEL (涼しさ)-

肌に触れる部分に採用された冷感素材のアイソチルが熱をすばやく拡散し、涼しさを持続させる。また、抗菌加工が施されており、汗をかいても細菌の増殖を抑える。

-SUSTAINABLE (再利用)-

手洗いができるため繰り返し使用可能。速乾性にも優れている。

※マスクは感染(侵入)を完全に防ぐものではありません。
抗菌剤:PROTX2 加工部位:内側(肌に触れる部分)
対象:かぜ・花粉・ほこり等

120日間使用した感想として、売りの性能を順番に判定していきます。

呼吸のしやすさは普通です。欧米向けゆえ快適なフィットではなく、スポーツ用途も望めません。
水分をはじいている感じはありません。肌触りは良いです。
通気性の高さは感じませんが水分の通過は抑制できていると思います。
着用感はソフトで痛みなどは皆無です。これのどこが冷感なのか問いたいです。涼しいわけがないです。

運動時通気性は使い捨てマスクよりはマシだと思います。しかし、運動用途であれば過去に紹介したNAROOマスクの方が断然上です。ただし、NAROOマスクは耐久・防御性がかなり低いです。
自分の場合、隙間なく装着は無理でした。メガネなどは普通に曇ります。これはマスクの生地を通して排気しておらず、マスクの隙間から排気していることに他なりません。

涼しさは感じませんが、内側生地の上質さは褒めることができます。そして洗濯を忘れても臭わなかったのはポイント高いです。

夜にお湯で手洗いして軽く水を切り、室内で干しておくと、翌朝には乾いています。120日使用していますが、生地に穴が開いたりなどの不具合はありません。銀色のブランドロゴもはがれたりしていないので、耐久性は高いです。



総評


3層立体構造で肌触り、洗濯耐性も良好とくれば連想するのはブラジャーですよね。ということで、肌着メーカーが良いマスクを作るのではないかと思いました。
それはさておき、このアンダーアーマー スポーツマスクは結局のところ買いだと思います。結構低評価な部分もありますが、常時マスク必須の時代となればファッション性や耐久性は非常に重要ですし、そもそも冷感やら運動用途などをマスクに求めるのは酷という話なわけです。

ということで、個人的にはリピート買いもアリです。願わくはアジアンフィットのバージョンもラインアップに加えてもらえると助かりますね。

おわり



おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。