DaiGoさんが大誤算でDieGo 

皆さんこんにちは。例年、盆期間は仕事が暇だったはずが、なぜか今年は激忙でした。ようやく休みになりましたが、雨天が続くようですのでバイク乗るのは無理っぽいですね。幸いにも地元では大雨の被害が無いので一安心と言ったところです。さて、本日は時事ネタに乗っかってみたいと思います。表題の通り、メンタリストDaiGoについてです。※以降、辛口感想と言う予防線を展開させていただきます。

まず、メンタリストDaiGoなる人物についてはひろゆき切り抜き動画で見た程度でどんな人物かは良く知らないです。ただ、彼の話し方が早口だなぁと言う感想を抱いたのはよく覚えており、うさん臭いとは感じていました。※個人の感想です。

そして今回の暴言は致命的でしょうね。特に炎上きっかけの動画は騒ぐほどでもない感じでしたが、続いての釈明動画は完全に墓穴を掘っておりかなりやばいです。個人的には再起不能レベルでDieGoだと思いますが、騒動がどうやって終息するのか興味があります。まぁ、すべて計算通りなんてことは無さそうですよね。どう見ても大誤算にしか見えません。DaiGoだけに。

それからの1つ目の謝罪動画では「自己の知識不足からくる失態」と結論。知識不足だったので勉強して出直すという流れを作ったのはお見事と言えますが、普通に問題の焦点をずらしています。論点のすり替えというよりかは、急所外しのようなトリックを見た気分です。軽い非だけを認め、謝罪している雰囲気を醸し出しつつ、浅い傷でやり過ごしただけに過ぎません。騒動の原因が自身の思いやりや想像力欠如という自覚には至っていない様子が残念ですね。



釈明動画切り抜き





謝罪2回目

そして、低評価爆撃に焦ったのか、2回目の謝罪動画で想像力の欠如や、他人の苦しみに言及がありました。言っていることはまっとうでしたが、演説のような台本感がすごいです。内容を会議で練り上げたわざとらしさのような空気が終始漂っていました。特に家族に絡めるあたりとかは卑怯だなぁwと、これは遅きに失したと言うか、釈明動画と謝罪1本目の動画より前に出すべきでしたね。(現在、謝罪2回目の動画以外全部視聴できなくなっていますので、実質的に自分と見解が一致したようです。切り抜き動画も消されていたりするので本格的に対策してきた模様。)




ふと、閃きました。

もしかして彼は想像力の欠如をカバーすべく、過剰に知識を蓄える必要があるのではないか?

想像力の代替としての知識。経験や知識にこだわるのは想像力が不足しているから。これで彼が知識の吸収に貪欲な説明が付くのでは・・・ 想像力が働かなければ人の真似をする以外に空気を読む手段はありませんし、空気が読めなければいじめの対象にされる恐れもあります。

いじめられていた過去から知識を武器に今の地位を手に入れたのであれば、その武器をさらに鍛えるのは道理でしょうから、生活困窮者のサポート体験を通じ、彼がどんな結論を出すのか興味深いです。

生活保護は誰もが生きる権利を根底に病気やケガで働けなくなった人の支援救済などセーフティーネットとしての役割、国民の命綱的な制度。他には貧困からの治安悪化防止のような認識が一般的ですが、想像力を働かせれば別の一面も見えてくるはずです。

例えば、生活保護不正受給のパチンコ生活者について考えます。通常であれば働けるのに働かないとは何事だ!働け!と言う意見が出てきます。

ではここで、パチンコ生活の人が社会に出て働いている場面を想像してみます。不正受給でパチンコ三昧のクズの働きぶりを想像し、さらに自分の会社にいて一緒に仕事をする場面を思い浮かべましょう。不正に手を染め勤労意欲の低い人間と一緒にお仕事♪ 正直嫌ですよね。他に行って欲しいと思うわけです。しかし、他の会社でも足手まといなのは同様でしょう。

だったら、生活保護(税金)で国に世話してもらった方が無難とは言えないでしょうか。生活保護が無ければ結局のところ特別枠で強制雇用させられるだけですし。会社から見れば働きたいのに働けない人も、パチンコ生活のクズも事情は違えど戦力外という意味では同じ。

ですから、働けない人、働かせたくない人、まとめて面倒を見る生活保護は優れたシステムであり、一概に税金の無駄遣いとは言えないと思います。働く意欲のある人間だけを動かした方が気分も効率も良い気がしますがこんなことを考えているのは自分だけでしょうか。ベーシックインカムの考え方なのかもしれません。

まぁ、想像力と言うより、労働の対価として賃金を得ている自覚のない会社の人間を見て思いついただけなんですけどね。戦力外のアイツらを生活保護で何とかしてはもらえないだろうか?という願望です。

あー、働きたくねぇなー

おわり

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。