超PayPay祭でのお買い物と疑惑

超PayPay祭でのお買い物

皆さんこんにちは。本日3月28日(日)は超PayPay祭グランドフィナーレですね。優先的に欲しい物は数あれど、軒並み品不足で入手難というか入手無理な物ばかりです。PlayStation5しかり、GeForce RTXしかり・・・

ということで、DaVinci Resolve Speed Editor+DaVinci Resolve Studio(ライセンス版)のバンドル品に狙いを定めていましたが、最大還元が見込めるグランドフィナーレ当日に品切れになっていました。どうやら同じことを考えていた人が多かったようです。購入できなかったのは残念ではありますが、高額還元であれば欲しいかな程度の気持ちでしたのですっぱり諦めました。

できるだけ高額な商品を買うべきタイミングなわけですが、金欠と言うのもあり、高額品については特に欲しい物が無いのです。ですので、価格にこだわらずに必要な物にターゲットを変更しました。



elf シンテーゼ14購入

とりあえず、そろそろダメになりそうなライディングシューズを注文しました。elfのシンテーゼ14です。実質¥9,500で購入。シンテーゼは超ロングセラーで大昔から売っていますので試着無しのサイズ決め打ちで注文できるのがメリットです。この靴は全ての性能がバランス型です。価格を考慮すると飛びぬけて良い部分は無く、同じく悪い部分も無いです。ただし、防水と言っても完全防水ではなく、厚手の生地により浸水しにくい程度のレベル。蒸れやすい構造ではあるが、走行時は状況的に蒸れにくいので問題無し。このような構造ゆえ、夏場以外の3シーズン向け万能型と言えます。迷う必要もなくシンテーゼを買う。ラクで良いですわぁ。

https://www.elf-footwear.jp/products/detail?id=486





ふと生まれた2度目の疑惑

Yahoo!でショッピング中に気が付いたことがあります。画面の端に変な商品(生ゴミの臭いがどうのこうの)の広告が掲載されています。生ゴミ処理のディスポーザー装置の広告です。たぶん、自分の閲覧・購買履歴などを参考に配信されている広告だと思います。ただ、自分の閲覧した商品では生ゴミ関連などは一切見ていませんし、ネット検索さえしていません。閲覧した商品もDavinciの操作端末、ライディングシューズ、ストIIコラボの音声サンプリング機器、シュラフなどです。

Yahoo!ショッピングのページ


生ゴミ処理のディスポーザー装置の広告が場違いすぎなんですね。ネットでも仕事でも生ゴミ処理とは接点が無いです。ただ、一つだけ心当たりがあるのです・・・

それは職場での同僚との会話です。団地住みのKさんがゴミ出し面倒との話を始めました。自分がダストシューターに投げればラクじゃないですか?とふざけて言ったところ、そんな便利なものは団地には無い!と返答。さらに自分が台所のシンクに全部流せば解決とかアホなやりとりをしていました。

おわかりいただけましたでしょうか?

リアルの会話で生ゴミ処理に該当しそうな話題を出していたのです・・・

これはスマホが会話を拾っている説ありますね。広告のターゲッティングでスマホ周辺の会話データを利用している可能性は考えすぎでしょうか。ちなみに類似の現象が以前にもあり、リアルの会話で「伊藤忠商事」の話題になりました。それから別の日にスマホを見ていたら見慣れない「ITOCHU」の広告が出てきて驚いたことがあります。ITOCHUのロゴなんてスマホで見ることはまずなかったですし、伊藤忠もITOCHUも検索していないのは言うまでもないです。

今のところ気が付いたのはこの2件だけです。

偶然だと良いのですが、音声データをここまで活用されていたとしたら怖いとしか言えないです。

おわり

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。