SDOP テクニカルカスタムやってみた

皆さんこんにちは。本日はSDガンダムオペレーションズの記事です。

やはりと言うか何と言うか、新規実装のテクニカルカスタムにて、☆6でも同一カードで性能強化という事実が判明しましたね。従来のカスタマイズに比べ、不要な高レアカードも少しは役に立つ形になっています。とは言え、またテクニカルカスタムが全開放されているわけでは無いらしく、全貌が明らかになるのは先っぽいですね。

今回のアプデでは待望の6-13ゴッドガンダム実装となり、絶対作るべく不退転の決意で臨んでいました。

スコア報酬の1枚しか素材ユニットを所有していないのに、上限突破でLv.100まで育成し退路を断っておいたのは言うまでもありません。

しかし、テクニカルカスタムの仕組み的に、今回急いで作るべきは6-9ガンダムであると判断しました。理由の一つとしては6-13ゴッドのEPICがピアスショットらしいのです。現在、4-8ドモンはギガインパクトで育てていますのでスキルが合致しません。ドモンを射撃で育成するのは冒涜と言えましょう。(バナージも近接でいきたい)実は2体目の4-8ドモンも入手したのですが、こいつはギガエリアで育てます。理由は先日上げたガシャ動画を見てもらえばわかります。

以上のことから、スキルが使いにくい6-13ゴッドは、趣味やデッキ要員としての利用になりますので、急いで作る理由が薄いのです。

その一方で、6-9ガンダムと言えば現在キャンペーン中で素材類が割安で進化可能です。さらに加えてテクニカルカスタムのポイント取得効率が高く、一番強化のしやすいユニットと言えます。さらにさらに、最近は☆6ユニットが増えてきたので以前のように6-9ガンダムを複数体運用する機会も減り、生贄として捧げやすいため、今全力で作成すべきは6-9ガンダムという結論になりました。

と言うことで急いで2体作成。2体目作成時にブラックギアが不足したので、禁断の☆5ユニット未強化分解で調達。意外とMSモジュールやRUチップなどの不足で困ることは無かったです。これで累計で6-9ガンダムを4体作成したことになりました。

6-9ガンダムの戦力は素で 90,189 です。それを2体分テクニカルPtに変換しました。

パラメーター重視でポイントを割り振ったところ、102,246 と機体戦闘力10万超えです。画像のチューンLv12と言うのは、ユニットチューンでチューンインゴッドを消費し上昇させたLv合計です。

本当はチューンインゴットを使いたくありませんでしたが、テクニカルカスタムの未開放マスの解放条件としてチューンLvの数値が条件になることもあるようです。しかし、今回投じた2体分のテクニカルPtを割り振った限りでは、隣接マス解放以外の特殊な解放条件のあるマスには辿り着いていません。同一ユニットをPt変換した場合に取得できるとされるユニット固有のカードキーを要求されることも無かったです。初期解放マスを全部埋めてからの話なんでしょうかね。

一応、解放できるだけの基本ステータスアップ関連のパラメーターマスは全て解放してみました。

攻撃が3,600も上がったのでかなりおいしいですね。

自分のような微課金組は上げやすいところから上げていった方が良い気がしました。今回は同一ユニットのボーナス効果を使ったのでガンダム2体で400Pt入手ですが、同一ユニットではなかった場合は6-13が4体分で400Ptになります。気が遠くなるレートですね・・・

とりあえず分かったことと言えば、ブラックギアと強化フレームが圧倒的に不足気味になったので、☆5を限界覚醒しまくるのは控えた方が良いことです。GB用の低コスト機まで限界覚醒させたのを少し後悔。

以前に言ったような気がしますが、GBでALL☆6構成である6-11,6-11,6-10は正直弱すぎてすぐにやめました。☆6は足が速くないので機動特化の5-13がまだまだ強い感じ。その絡みで☆5限界覚醒は有用かと思います。

とりあえずイベントは頑張りますが、6-13ゴッド作成は期間中には無理そうです。と言うか、そもそもドロップしない可能性も・・・

おわり

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。