【雑記】中華イヤホンわろた +令和最新型おにぎり

皆さんこんにちは。本日も前回記事に引き続き中華イヤホンの記事であります。と、その前に唐突ですが食レポ1本行きますよ。

ツナラー油マヨ おにぎり(新発売)57円+税

これ見たことないおにぎりだったので衝動買いしました。(新発売)となっているので令和最新型のおにぎりかもしれません。

意図的におかしく付けたのか判断しかねるビミョーなネーミング
令和時代のおにぎりなので海苔などの高コスト部材は省略されコストダウンの徹底が図られています。
最小限の具材で最大限の美味しさを引き出す!

実食した感想はと言いますと、90点です!(1万点中)

シンプルなのに完食が少し怪しくなってくる不味さ。こんなしょぼいツナをどこから仕入れてくるんだろう?という疑問が真っ先に浮かんできました。

よせばいいのに製造場所をストリートビューで見てしまい少し後悔。工業団地内の工場で隣が廃プラスチックの破砕再生工場という立地でした。

ここで豆知識!Apple版のストリートビューもどきを使うと、また違った映像が見えるのでおすすめです。特にGoogleのストリートビューでボカシ処理されている場所でも、Appleのマップは未処理だったりしますので裏技的に使えることも。




中華イヤホン追加購入

お次は中華イヤホンネタです。先日、KZ AS06 購入した記事を出しましたが、あれから更にイヤホンを買ってしまいました。

>自分の要求レベルならもっと安い製品で満たせたのではないかと考えてしまいます。¥3,000クラスの製品で満足できた可能性があるということです。

前回購入時にもっと安物で良いかもしれないと書いたわけですが、今回は実際にもっと安物を購入してみましたのでレビューのようなものをしていきます。


KZ EDX

https://www.amazon.co.jp/dp/B0921HWWM8/

購入時¥930と言う、Amazonで買えるKZ製の中で一番安価な物です。一番安いという理由だけで買ってみました。

黒色本体に金文字でXとか、壊滅的なデザインにめまいがします。
黒色コネクタですとLRの印字ははっきり見えますね。

装着感はAS06と同様に抜群でした。しかし、問題は音質の方です。これが驚くべきことにAS06より良いんですね。低音の質が全然違いました。再生環境がしょっぱいので安物の方が相性が良いのかもしれません。女性ボーカル物をほとんど聴かないので高音域の表現力を必要としていない説あります。スラッシュやパワーメタルなどのパンチのある音楽中心なので音楽ジャンルの相性もありそうですね。

TANK の Honour&Blood はいいぞ

Tank – Honour & Blood 1984

¥930でイヤホン選びに答えが出たわけですが、見た目がどうしても気に入りません。ということでもう少しイヤホンを買ってみることにしました。

少し勉強してDD型とBA型と言うのを知りました。最初に購入したAS06が両耳でBA6基、次に購入したEDXが両耳でDD2基らしいです。DD型を気に入ったのは今まで接してきたイヤホンやヘッドホンと同じだからなのかも?

BA採用のAS06は喋りや耳舐めASMR、映画などに向いていると思いました。ロック系はパンチ力が欲しいのでDD型のEDXが良かったと。

以上を踏まえまして、次に購入したのはBA+DDのハイブリッド型になります。



KZ ZSTX

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B08BWLY3JP/

購入価格は¥2,480 YouTuber絶賛の商品です。これが鉄板だ!みたいな印象。

このおもちゃっぽい見た目がすごくいいです。欲を言えば蛍光ライムグリーンのクリアモデルがあれば良かったですね。

何かケーブルからアルコールとか溶剤系の臭いがしますよ。

ハイブリッド型と言うことで、低音と高音の両取りをしている感じは受けましたが、低音域はEDXの方が質が高く感じました。そして、高音域の表現力はこちらの方があるかもしれませんが、まとまり感に欠け不自然に聞こえます。特に言える事は音楽(ロック系)を聴く音質ではない感じです。音楽以外全般向けと言う感じ。

評判の良い機種でしたが、個人的にはEDXの方が良いと言う結果に。

¥930が勝利するとか、中華イヤホンわろた と言うほかありませんね。

そして、BA、DD、Hybrid型と3パターン試してみて、音楽に限って言えば、DD1基のまとまり感のようなものが自分の好みであることがわかりました。

じゃあDD型でもう一つ買って試してみるか。となるのは当然の流れです。EDXの見た目がダメなので。



TRIPOWIN TC-01

https://www.amazon.co.jp/dp/B08NPGYKBV/
見た目がイカれたカラーリングで最高。なかなか高級感もあり、DD型なのでばっちり希望にあった機種になります。
タイムセールで購入 通常価格より2割引きの ¥4,144
収納ポーチ付属で抜かりなし。

ふざけたカラーリングですが、かなりまっとうな予感。

メーカーによると、ACG音楽、電子音楽、重金属音楽向けとのこと。個人的にACGと言えば交流発電機とか、エアモックのACGナイキが思い浮かびますが、アニメ・コミック・ゲームの頭文字を取ってACGとのこと。知らんかったです・・・ 言い換えれば二次元系全般とテクノ、HR/HM向けと言う感じでしょうか。オタク向けの一言で済みそうな気も。

これがですね、実際に聴いてみると音質は控えめに言ってゴミでした。しかも左側の音が詰まっているようなこもり気味で左右がアンバランスという・・・

聴くに値しないレベルでしたので、一応慣らし運転ということで音楽かけて数時間放置してみたところ大化けしました。低音はEDX同等、まとまり感を保ったまま高音域の表現も良好という結果に。自分で音楽聞くならこの TC-01 が一番いい感じになりました。



色々優劣を付けはしましたが、どのモデルも自分の基準では合格ラインを超えています。

音楽ならEDX,TC-01
映画、ドラマ、トーク、ゲームならAS06,ZSTX,TC-01

こんな感じの使い分けになってくると思います。

中華イヤホンを立て続けに4つも購入してしまいましたが、イヤホン沼にハマるつもりはありません。沼はコスパの対極なので絶対嫌ですね。自分はニワカであり続けたいのです。どうせスマホに直挿ししかしませんし。

とは言いましたが、EDXのカラーリングが気に食わないのでEDXのクリアモデルとか、EDXの正常進化版らしいEDX Proあたりは買ってみるかもしれません。

おわり

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。