スーパーロボット大戦V 1周目終了

皆さんこんにちは。今さらプレイし始めたスパロボV(Steam版)、連日徹夜プレイによりようやく1周目が終わりました。ビギナーズモード+DLCでぬるま湯プレイのハズなのですが、累計70時間も要してしまい、エライことになっています。隠し要素であったり、撃破順やらイベント会話発生なども狙ってプレイしていたら100時間では済まないかもしれません。

ゲームは低俗 映画は高尚

こう‐しょう〔カウシヤウ〕【高尚】 の解説
[名・形動]学問・技芸・言行などの程度が高く上品なこと。けだかくてりっぱなこと。また、そのさま。「高尚な趣味」「話題が高尚すぎる」⇔低俗。
goo辞書より引用 https://dictionary.goo.ne.jp/word/高尚/

70時間も時間があれば2時間の映画が35本視聴できます。なぜか世の中では映画の立ち位置が高いというか、高尚なものとされているきらいがあります。2時間そこそこの短い持ち時間で物語を表現するのはかなりの難易度ですし、そうなってくると当たりの映画と言うのはほんの一握りになるのではないかと思います。その当たり映画を発見視聴するためにハズレ映画を消化しまくるので、結局のところゲームをやるのと大差ない時間がかかります。

ということはハズレ作品の消化時間を含まない純粋な100時間のゲームプレイは映画よりも高尚に違いないです。ふふふ。特にスパロボ気高く熱いので映画に引けは取らないと言えます。



スパロボV感想

女主人公スーパーロボットのルートで1周目はプレイしました。ストーリーはいつもの路線ですがかなり良かったです。原作キャラクター達を従来よりも大胆に改変し、自由度を上げた結果、物語に柔軟に組み込むことができていた印象です。宇宙非対応らしき機体が強引に宇宙出撃可能にされていたり、○○と●●の先祖を同一だったことにしたり、色々な部分での魔改造っぷりが良い方向に働いていました。

我々、プレイヤーに向けての発言に見えて仕方なしwww

良く使った機体は強機体中心です。ヴィルキス、ストフリ、クアンタ、ゲッター、主人公、グルンガストあたりです。少し金策を意識したプレイを心掛けましたが、DLCのおかげで金余りでした。
主人公機は機体のグラフィック(塗り)が浮いているような違和感を感じました。そして性能面であまり出しゃばらないのが好印象。
趣味機体としてクシャトリヤ+マリーダさんを積極的に使おうとするも、参戦が遅いのに加えて精神コマンドがややサポート寄りでしたので2軍になってしまいました。2周目以降の本格登用になりそうです。

ということでかなり気に入りましたし、やり残しもあるので2周目男主人公で始めたいと思います。

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。