DaVinciResolve Error Code:702.

皆さんこんにちは。秋ツーリング動画6話目、動画作成の仕込み作業が終わり、ようやく編集作業に着手したchinpunkanです。

作成に結構時間がかかるのでまとまった時間が欲しい今日この頃ですが、トラブル発生で中断を余儀なくされましたので、今日はそのトラブルをネタに記事を書くことにしました。


DaVinciResolveのエラー

状況としては、DaVinciResolve16(無償版)のエラーコード702 が発生して作業がままならないです。ソフトがフリーズ、プレビュー不可、フォント選択もできないなど、結構深刻な事態です。

エラーダイアログでGPUがどうのこうの言っていますね。

GPUのエラー? グラボが壊れたのかな?とほんの極一瞬考えましたが、まず真っ先に疑うべきはドライバですね。何か最近ドライバのアップデートをした気がします。


NVIDIAのドライバが原因か?

エラーが出ている環境ではGeForce Game Ready Driver 461.09 で2021年1月17日現在の最新版です。これを元のドライバに戻せば済む話だと思います。しかし、安定稼働時のドライババージョンを失念していますし、インストール履歴なども見方がわからない上、調べるのも面倒です。

そこで考えたのが、ゲーミング用のGame Ready Driverではなく、クリエイティブ用のStudio Driverの導入です。これ興味はありましたが、一度も利用したことがないのでちょうどよい機会です。ベンチマークの数値に一喜一憂するゲーマー向けと違い、クリエイター向けならば比較的安定したドライバであると予想されます。仕事で利用している人などもいるハズですし、ゲームと違って対応ソフトの検証も数が少ないので、安定性は確保されているはず・・・と思いたいですね。



DaVinciResolveエラー解消

NVIDIA Studio Driver 460.89

去年の12月15日リリースです。これならいけそうな予感。

インストール後、念のためPC再起動し、DaVinciResolve16を起動してみた結果、問題は解消している感じです。編集作業が終わるまで正常なままなのか安心はできませんが、Game Ready Driver 461.09 の時は、ソフト起動直後から動作が不安定なのがスグわかるレベルでしたので、Studio Driver 460.89 導入で問題解消したと判断して良さそうです。

また問題が出れば記事にしたいと思います。

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。