バイクの冬装備調達

皆さんこんにちは。ついに我が千葉県でも朝方は0度を割るような冷え込みになりました。本日は県内にて凍結路バイク転倒と報道されていましたが、基本的に千葉県はバイクの冬眠をさせる必要がない気候です。昼間に走る分には、ほぼほぼ問題はないという感じです。

ということで、本日はバイクの冬装備を調達した記事になります。いくら冬眠の必要が無いとは言え、さすがに寒さ対策は必要ですので。

手指の防寒対策

まずは基本である手指の防寒対策ですが、深く考えずにグリップヒーターを買いました。ちなみにグリップヒーターは大昔に通勤用の2種スクーターに取り付けていましたが、壊れたので使わなくなりました。近年はスクーター以外ではシリンダーヘッド周辺で暖を取るスタイルでやってきました。しかし、GIXXER SF250 ではこの方法は使えそうにないです。といことで久しぶりのグリップヒーターなわけですが、過去に断線した経験から、パーツ個別入手可能なデイトナのホットグリップ巻き付けタイプ(USB)を選択。

電熱グローブを選ばなかった理由は電源問題ですね。グローブ内蔵のバッテリーですとランタイムに難がありますし、外部給電ですと配線が煩わしいため没になりました。

室内でテスト通電したところ、発熱スピード、温度ともに良好で性能は合格っぽいのですが、実はまだ取り付けていないです。外気温0度前後ではロングツーリングでない限りまだ電熱グリップを必要としないのもありますが、配線が非常に弱々しいので取り付けをためらってしまいます。消耗品と割り切るか、熱収縮チューブなどで加工するか考え中です。

¥800 値上げですね・・・

それと、気になったのが価格です。有名メーカー製の電熱グローブ導入よりは安価でお手軽とは言え、結構大きく値上げされている模様。同型番で税抜き¥5,400 の画像を見かけました。


胴体の防寒対策

胴体の防寒対策は、かねてよりコキ下ろしているイージス360で十分ではありますが、イージスをやめてバートルに乗り替えました。

購入したのはバートル 7610 防水防寒ジャケットです。

クリックで拡大

https://www.amazon.co.jp/dp/B07W5MGSG4/

Amazonで¥8,000 程度の物なのでイージス360より若干高級品となります。Amazonの「メンズ作業ジャケット・コート」カテゴリでベストセラー1位になってますね。

今までイージスをたくさん買ってきました。リプナーイージス3着、イージスオーシャン、イージスPRO、イージス360 2着です。しかし、もうイージスの時代は終わったのかもしれません。今は明らかにバートルの方が機能性を考えるとコスパは上と言えそうな状況です。

イージス360の4Lサイズとバートル7610 5Lサイズを比較すると、胴回りはバートルの方が少し大きいですが、袖や丈はバートルの方がほんの少し短いです。暖かさは互角。防水性は試していないので不明。服の生地はバートルがかなり薄め。

ボタンや面ファスナーの使い方はバートルの圧勝。フードもジッパーで確実に固定でき、ドローコードもきちんとあります。脇部分がジッパーで解放でき、熱気をコントロールすることが可能。と、機能面で優秀。

ただし、イージス360比較で勝利というだけで、気になる部分はあります。

まず、裏地のアルミコーティングの耐久性が未知数。何かポロポロはがれてきそうな未来が見えます。

次にポケット類の配置が変則的です。腰部左右のポケットは右がジッパー付き、左がジッパー無し。表面胸ポケットは右側のみ。脇部ベンチレーション穴は左側一か所のみ。どれも機能性に問題はないので個人的には慣れの問題となります。

首周りがヘルメットに干渉するのはイージス、バートル共に同じなので少し襟を開けて対策。直立姿勢の乗車であれば気にならない部分かもしれません。

以上、バートル称賛レビューでお送りしました。




しかし、まだ終わらんよ。

バートルついでに今年からサーモクラフトを導入しました。これはバートルのエアークラフト(空調服)のバッテリーを利用する電熱パッドです。

これを腹部に当てがってバイクに乗ったら滅茶苦茶暖かかったです。サーモクラフトに対応した専用ウェアでない場合は電熱パッドの固定方法を考える必要がありますが、アウター1枚着れば、電熱の効果により重めのインナーを省略できるのはメリット大です。着ぶくれを回避できるのはもちろん、温度変化による着替えをしなくて済むのも非常に便利です。ちなみに温度調整4段階中、強い方の2段目までは暖かすぎるのでほぼ使わないです。

と、ここまで褒めちぎりましたが、着用するたびにズボンのベルトに共締めして腹部に装着するのが手間に感じてきました。ただ、前述のバートル7610 防水防寒ジャケットを購入したばかりですので、新たにサーモクラフト装着対応のアウターを買うのは馬鹿げています。ということで、サーモクラフト対応のベストを購入しました。

バートル5004 防寒ベスト 購入価格¥5,500 くらい。

クリックで拡大

https://www.amazon.co.jp/dp/B09FDXGJ46/

バートルの他の製品より高価ですが、暖かさ、質感など文句なし。ただし、最大サイズがXXLなので少し小さいのがネックです。あとはダブルジッパーは個人的に不要なのと、ジッパーを一番上まで上げると襟部分のボアにジッパーが噛みこみます。まぁ、一番上までジッパーを上げた自分が非常識なのかもしれませんが。

我流で腹部に固定していた時と比べると、さすがに専用品は装着の手間が省けてラクチンです。腹部から背部に電熱部分が移動しましたが、背中でも普通に暖かくなりますね。腹部装着と遜色ありません。ただし、防寒ベストの生地が薄手のクッションのような厚さなのでインナーとして使うと窮屈感は否めません。その分、寒さに対しては無敵になるので多少の窮屈感は我慢して使うか、防寒ベスト無しの腹部装着かは使い分けになりますね。

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。